福岡の主婦が発信中

思ったことを誰かに言いたいけど、親しい人にしか言えない、でも誰かに伝いたい!っていう色々を書いてます。6歳と3歳を子育て中、登山、刺繍や運動が趣味です。

③初フルマラソン*いぶすき菜の花マラソン2020を走った記録~中間点からゴールまで~

少し間が空いたので、少しだけ説明を。

初心者ランナーの私が、2020年1月12日に開催された「いぶすき菜の花マラソン」で、初フルマラソンを完走したときの話です。

 

何記事かに分けて書いています^^

www.yoyoyo.co

www.yoyoyo.co

フルマラソンを走ろう!と決めてから(前年8月くらいから)は、2、3日置きに10km走り、本番までに3回くらい20km、1回だけ30kmを走りました。

初フルマラソン、未知の世界過ぎて、とにかく完走!が目標です。

〈広告〉

 

いぶすき菜の花マラソン2020を走った記録~中間点からゴールまで~

いぶすき菜の花マラソン、中間点を過ぎましたが、「30kmが折り返し地点」と頭に叩き込んでいたので、まだ気持ち的にも体力的にも余裕がありました。

 

30kmまでは「自分はただ足を前に出す機械」と唱え(笑)、30kmに到達。

ここで誤算は、唱えすぎて、30kmにちょっと達成感を感じてしまったこと(笑)

それでもまだ、35kmくらいまでは「未知の世界だ~ワクワク」という気持ちもありました!ゆっくりペースなので息が上がることはありませんが、だんだんと体に疲労が溜まってくるのが分かります…

 

「なんか35km過ぎたくらいで坂があるらしいよ」と、どこから仕入れたのか?の夫情報。

坂が見えると、「あ、あれか…!?」想像よりもはるかに長い!!

あれを走ったら足が攣る…と思ったので、それまで歩いてなかったけど、ここは歩いても良し!と自分の中でルール変更しました(笑)

長い坂の最初の少しだけ走りました。私のまわりの人は、ほぼみんな歩いてた(:_;)

いつかここも走り抜けられるほどになりたいなぁ。

 

坂をなんとか過ぎ、またぼちぼち走り始めます。

ここからが、きっつい、というか、進まない。

37㎞からの、最後の5km。1kmが長い、100mも長い。できれば歩きたい。というかちょっと歩いた。

たぶん、きつくて顔がやばかったと思います(笑)が、最後まで続く沿道の応援が沁みまくりました。

f:id:yume4450:20200217205302j:image

あと1kmの看板まで、本当に長かった…本当はメールするのも嫌なくらいだけど、夫にメールしました。

ゴール手前で待っていてくれているとのこと。

こりゃ、最後の力を振り絞ってがんばるしかない!「お母ちゃんがんばったよー!」と子供達に言いたい^^

〈広告〉

 

相変わらずなかなか進まないなぁと思いながら必死に走り、子供達を見つけました!冷たい風が強くなっていましたが、ずーっと待ってくれていたそう。ありがたや~

 

見つけた!

やったー!もう少しでゴールだー!と思ったら、ぐるーっともう少し折り返してからゴールがあると夫から告げられる。

「先回りしてゴールのところにいるね!」と、一旦別れ、またの一人旅。

いや、実際はゴールまで距離ないと思いますが、マジで進まないんです(笑)

 

やっと。やっと。ゴーーーール!しました。

足はふらふらですが笑顔で写真!嬉しい!

f:id:yume4450:20200217205326j:image

スタッフの方々のハイタッチに迎えられ、記念タオルや記念Tシャツをいただき、完走証をもらい、再び家族と合流しました。

記念すべき初めてのフルマラソンの完走証なので、ゼッケンと一緒に300円でラミネートしてもらいました^^

f:id:yume4450:20200217205334j:image

さぁ車へ戻ろうかとしていると、なんとビールを発見!ビールと焼鳥を買って食べました。うまい~けど寒い~

車に乗って、もちろん夫に運転してもらい、パラパラとパンフレットを見ていると、なななんと!食事の無料券が付いているではないですか!!

ほとんどエイドに手を出してない私。知ってたら絶対食べたのにーーー!とかなりショックを受けました。次出ることがあったら絶対リベンジです! 

〈広告〉

 

途切れない応援、たくさんのエイド

「いぶすき菜の花マラソンはエイドがすごい」と、ネットや経験者から聞いていましたが、後半戦に入ると、「マジですごい」

次から次にエイドが現れます。

「食べると体が重くなりそう…」と持参したジェルとかばかり摂って、エイドにほとんど手を出さなかった…今となっては後悔です。

もっと休憩しながら堪能すればよかった~

 

公式エイドには、お芋やバナナは毎回のように置いてあり、

私設エイドと呼ばれるところは、本当に本当に色々なものがありました。

などなど他にもたくさん

 

飴やチョコなどの小さなお菓子は、多くの場合、子供さんがカゴに入れて沿道で持って待ってくれています。

そんな可愛い子が本当にたくさん。

幾度となくもらいました。帰り道の車の中で、子供達と食べよう♪と、ウエストポーチが最後にはパンパンになりました(笑)

配ってくれている子供さんに、「ありがとう」と言いながらもらい、最初は「子供さんももらってあげたら嬉しいだろうな」とかいう思考の私。

でも、最後の最後のきつくてしょうがないときまで、ずっと飴のカゴを持って待ってくれている子供さんを見たら、マジで泣けてきました。

「もらってあげたら嬉しいだろうな」なんて思っていた私ですが、むしろ飴をもらう度に「がんばるしかない」と、パワーをもらっていたのでした。

 

豚汁とか本当食べておけばよかった…

とりあえずタイム気にして寄り道を避けようとしたけど、もっと寄り道すればよかったです!

 

確かゴールまであと3kmくらいでつまんだ白菜の漬物が、激うま!!

へとへとで塩分を求めていたんだなーと体全体で感じました(笑)

一緒に置いてあった梅干しも食べればよかったと、50m先で後悔。戻る余裕はみじんもありませんでしたけどね(笑)

来年もし参加したら絶対立ち止まりたいところ

  • 豚汁
  • 温かい緑茶
  • 温かいコーヒー
  • 梅干し
  • 漬物

あ~いまだに後悔です!

〈広告〉

 

最後に

初のフルマラソン、どうなることかとドキドキしていましたが、無事に完走することができました!

「日本一のおもてなし」らしい、いぶすき菜の花マラソン。他のマラソン大会に出たことがない私でも、そのおもてなしを存分に実感することができました。

 

沿道で手を振って応援してくれる方々。しかもほとんど途切れることなく。

おじいちゃおばあちゃんから子供さんまで、本当に温かかったです。

 

最後の残り1km地点で、沿道のおじさまが「あと1kmを10分以内で走れば5時間半切れるよ!!^^」と教えてくれて、もうそんなことを考える余裕もなかった私ですが、おじさまのおかげで力を振り絞ることができました!

指宿のみなさま、本当にありがとうございました!

 

そして何より、福岡から指宿までお母ちゃんのマラソンのために、一緒に来てくれた夫と子供達。素敵なお家に2泊もさせてくれた友達家族に感謝です。

完走まで書きましたが、特別編で「お母ちゃんのマラソンの裏側、夫、子供達、友達家族」についても書きたいと思います^^