福岡の主婦が発信中

思ったことを誰かに言いたいけど、親しい人にしか言えない、でも誰かに伝いたい!っていう色々を書いてます。6歳と3歳を子育て中、登山、刺繍や運動が趣味です。

娘が気管支炎で入院(病院にお泊まり)しています。

こんにちは。よよよです♪

 

きのうから娘が気管支炎で入院しています。

(先に言っておきますが、念のため入院で、そんなに深刻ではありません^^)

 

5歳の息子と、3歳の娘の兄妹。

最初に咳をしだしたのは、息子でした。

 

薬を飲みながらもけっこう長引いていたのですが、それが娘に移り、数日経って、夜中に39.5度の熱がでました。

 

翌日、日中は37度ちょっとくらいですが、また夜中に39度台の熱。

 

それと気になるのは、寝ている間もずっと苦しそうにしている咳。

経験上、この咳から高熱が出ているのは間違いなさそうです。

〈広告〉

 

気管支系が弱い家系

もう亡くなった私の祖父が、喘息や肺が弱かった記憶があります。

 

姉も小さい頃喘息で、甥っ子も一度ひどいマイコプラズマ肺炎にかかったことも。

 

私はといえば、そんなにひどい症状になったことはなく、まわりの家族ほど「気管支が弱い」と思ったことはありません。

 

ですが、息子も小さい頃、RSウィルスでこじらせたり、気管支炎で何日も高熱と咳が続いたりして、大事をとって入院したこともあります。

 

ごめんね。うちの家系だ。

入院覚悟で病院へ

息子が小さい頃からお世話になっている病院へ行きました。

 

家のすぐ近くの小さな小児科と、総合病院で検査施設や入院病棟がある小児科。

今回は後者です。

 

私の所見で、今回娘は完全にこじらせてしまったと思ったので、レントゲンなどの検査もできて、点滴や入院もさせてもらえる方を選択しました。

 

入院覚悟と書きましたが、本音を言うと、検査をして先生の判断により「病院にお泊まりさせてもらえたら安心」という感じです。

 

引っ越してから、ちょっと遠くなってしまったこの病院。

朝から、病院にお泊まりしてもいいように(入院となっても取りに帰らなくていいように)荷物をまとめました。

〈広告〉

 

信頼できる女の先生。

私のこともよく分かってくれていて

「お母さんから見てちょっとひどいなぁと判断したんやろー?勘が当たるねぇ。お泊まりしていく?」

といった感じの会話で、お泊まりが決まりました。

 

息子が小さい頃に比べると、熱には強い娘。

少々熱があっても食べるし飲む!息子は熱が高いとプラス嘔吐になっていたので、それに比べればマシな方ですが、今回は娘もキツそうです。

 

点滴をしてもらえると本当に安心。

 

それとやっぱり息子である程度一通りの病気は経験しているので、今となっては、症状を見て「こんな感じかな?」と予想できる心の余裕があるのが大きいです。

 

息子のときは、全てが初めての経験でアタフタアタフタするばかりでした。

 

おそらく2、3日の入院。

これで娘が早くよくなってくれたらいいなぁと思っています。

 

私は枕がかわって夜1時間ごとに目が覚めるけど、しょうがないですね(´._.`)

 

咳が出て、背中を軽くとんとんとすると、私にもとんとんとし返してくる娘(寝ながら)

なんて可愛いのやら(笑)

〈広告〉