主婦のよよよがゆる~く発信!

思ったことを誰かに言いたいけど、親しい人にしか言えない、でも誰かに伝いたい!っていう色々を書いてます。4歳と1歳を子育て中、登山、刺繍や運動が趣味です。

【ヒマラヤの旅⑭】デボチェ~ナムチェ(3440m)!~ナムチェ~カラパタール(5550m)リアルな日記

こんにちは。よよよです(^^♪

 

今日はヒマラヤ記事。

なんじゃそりゃ!?って人のためにちょっとあらすじを。

 

結婚して1人目を出産する前。

2度の流産を経験し、自分の将来を不安に思ったり、人を妬む自分がいたり、頭では分かっているけど、心がついていかないような、不安定な気持ちでいたころ。

 

友人に「ヒマラヤ行かん?」って誘われました。

 

登山は好きでちょくちょく行っていたけど、せいぜいその辺の山か、久住連山くらい。

ヒマラヤなんて未知の未知。

 

けど、「行って達成したら、この気持ちが何か変わるかもしれない」という思いで、挑戦を決意しました。

 

今思えば、環境的にもこの時しか行けなかったし、色々なタイミングが合っていたのかなと思います。

〈広告〉

 

 

ヒマラヤの「カラパタール」5550mまで行ったときの日記を、ブログを始めて記事にしてきました。

 

今日は、目標のカラパタールを無事に達成し、帰り道の日記です。

振り返って今思うことなども付け足しています。

 

過去記事↓↓

www.yoyoyo.co

 

6/2【13日目】トレッキング11日目!デボチェ(3820m)~ナムチェ(3440m)


デボチェで泊まったロッジが最悪だった。
行きのナムチェで会った日本人ガイドに教えてもらったロッジだったが、うちらしか泊まり客はおらず、気持ち悪い女の人がいて、幽霊でも出そうな雰囲気だった。

とにかくそのロッジを出たくて朝早く出発したが、最後の計算まで適当で最悪だった。
なんかキレキャラやし。
今までこういうことがなかったからよかった。

デボチェ~タンボチェを越えていく。
高低差600mの坂を今度は下っていく。
下りなのにとにかく長い。
膝が痛くなり、嫌になってくる。
本当、これを登ってきたと思うと我ながらスゴイ。

photo:01



ナムチェでPashi(来るときにナムチェで出会ったシェルパ族の女の子)のモモでビールを飲む!と、れいちゃん(夫)とスカイプ!を目標に、がんばって急いで帰った。

ナムチェの街が見えたときは感激。
Pashiの元へ急いだ。
だけどロッジは閉まっており、市場に行っているのかと、先にネットカフェに行くことに。
れいちゃんにメール送るも返事なし。

それからロッジに戻るも、まだ閉まっている。
仕方なく、腹ペコなのでレストランでモモを食べて待つ。

3時間くらい粘ったが、やっぱり誰も帰ってこない。
レストランのおじさんに聞いてみたら、オフシーズンに入って、Pashiたちはルクラにいるそうだ。
早く聞いとけばよかった。

はりきって帰ってきたのにショック。
ナムチェ~ルクラはかなり長いけど、明日ルクラまで行ってやる!

今日は若者いっぱいのロッジに泊まって、大丈夫かな?と思ったけど、みんな愛想がよくて楽しかった。
久しぶりにモモ以外のものを食べた。ベジピザ。
おやすみなさい。

photo:02
 

現在のよよよによる解説

 
帰りは、行きの道とは違う道で帰ったので、デボチェという街に泊まりました。
 
日記にも書いていますが、この宿が気味が悪くて、、、
思い出してもゾっとする。
 
ひろーいロッジだったのですが、もうシーズンも終盤だったからか、客は私たち2人だけ。
このロッジの女性スタッフ。
 
なんかですね、言葉で表現するのも難しいのですが、なんとも気味が悪い感じでこわかったんです。
本当広くて、長ーい廊下の奥の端っこの部屋に案内されました。
 
トイレに行くのもなんか怖い。
あの女の人が突然現れるんじゃないかとか、よけいなことばっかり考えてしまう。
 
世にも奇妙な物語みたいに、本当はこのロッジはこの世に存在してなくて、架空の空間に今いるんじゃないかっていう感覚になってました。
 
私、霊感なんて全くないし、不思議な体験なんて全くしたことないけど、なんかそんな気に。
 
ただ、異空間で想像力が膨らんだだけなのかな"(-""-)"
 
怖い怖い。

〈広告〉

 

 
 
逃げるようにこのロッジを出て、無事にナムチェ(3440m)にたどりつけました。
 
会いたかったPashiはお預け。
 
帰り道は進むのがはやいな!