主婦のよよよがゆる~く発信!

思ったことを誰かに言いたいけど、親しい人にしか言えない、でも誰かに伝いたい!っていう色々を書いてます。4歳と1歳を子育て中、登山、刺繍や運動が趣味です。

【ヒマラヤの旅⑫】いよいよカラパタール(5550m)への挑戦~ナムチェ~カラパタール(5550m)リアルな日記

いよいよカラパタール(5550m)に挑戦する日記です。
このヒマラヤの記事も12記事目か~
 長いな。
 
 

5/31【11日目】トレッキング9日目!目標カラパタール(5550m)挑戦の道のり

 
いよいよカラパタール挑戦の日がやってきた。
5:00に出発。
 
きのうのきつさが尾をひいて、出発したときから大丈夫かな。。と不安が大きかった。
 
ロブチェ~カラパタール~ロブチェなので、距離的にもかなりある。その上高度も一気に640m上がる。不安だ。
photo:01
 
ゴラクシップまで約4時間。
この時点で頭が痛く、少し吐き気もした。
吐き気は末期だからヤバイのだけど、朝から何も食べてないし、そのせいかも。
 
ということで、9:30頃カラパタールに向け出発。
坂道をゆっくりゆっくり登っていく。
見えそうで見えない。いつまで登り続ければいいのか。。
 
photo:02
 
途中から中々一歩が出ない。
とにかく苦しい。
たまに発作のように酸素を欲す。
きつい。

 〈広告〉

 
やっと頂上と思われる旗が見えてきた。
けど遠い。急。
ゆっくりゆっくり登っていく。
登っても登っても苦しくても、全然進まない。
 
ネガティブなことばかり考えてしまう。
もうリタイアしようか。呼吸困難で死ぬかも。もう嫌だ。一歩も動けない。泣きそう。けど、ここまで来て、ゴールも見えていて行かないなんて一生後悔する。
 
ここまで来たことにも意味があるかもしれないけど、ゴールすることにはもっっと意味があるはず。
 
最後は意地で辿りついた。着いた途端、ウソみたいに苦しさがふっとんだ。
 
嬉しくて、今まで感じたことのない達成感。
photo:03
photo:04
写真とか撮ってしばらくしたら、涙が出てきた。
きーちゃんと泣きながらカラパタールを下りていった。
 
photo:05
下りも中々きついぞ。。ゴラクシップに着いたのが14:30。5時間もかかってしまった。そしてまたここからロブチェへ帰る。
ロブチェへ着いたのが17:00過ぎ。
2回のトイレ休憩をはさんで、12時間歩き続けたことになる。
 
ロッジへ着いて、お腹が空っぽだったので、チャパティを食べてすぐに寝た。忘れられない一日になった。 

 〈広告〉

 

現在のよよよによる解説

この日が、歩いた時間最長記録。12時間。きついから、ゆっくりゆっくりしか進めないから。
慣れた人だと、もっとだいぶ早く歩けるんだろうな。
 
きつかったんだけど、やっとの思いで目標を達成できたことで、これまでの緊張や不安から解放された気持ちになった。
 
もう後は帰るだけ。
 
ナムチェに。
ルクラに。
カラパタールに。
日本に。
福岡に。
自分の家に。
 
目標を達成して、帰れるのが本当にうれしかった。
これぞ、達成感。
この達成感を味合うため、この景色を見るため、エベレストを見るためにここに来たんだーーーーーーって感じでした。
 
ガイドもポーターも付けず、女2人で、ツアーではないので、航空券や宿の手配、入山手続きなども全部自分達で。
 
常に『これでいいのか』という心配をしながら、でも必ずカラパタールへ行くという気持ちでゆっくりだけど確実に進みました。
 
 
カラパタールのてっぺんに着いたときには、うれしくて、テンション上がったけど、
下りていくとき、なんか急にジーーンときて2人で泣きました。
 
もうね、こんな想いになることは残りの人生で、数回あるかないかだと思います。

 〈広告〉

 
これから自分の家に帰るまでは、とにかく『会いたい』『美味しいものを食べたい』で頭がいっぱいでした。
 
これまでは、そう思っても、『全てはカラパタールに行ってから』と考えないように気持ちをセーブしてきたので。
 
もう明日からは『会いたい』『美味しいものを食べたい』が脳内爆発です。笑