主婦のよよよがゆる~く発信!

思ったことを誰かに言いたいけど、親しい人にしか言えない、でも誰かに伝いたい!っていう色々を書いてます。4歳と1歳を子育て中、登山、刺繍や運動が趣味です。

【ヒマラヤの旅③】カトマンズで準備『~ナムチェ~カラパタール(5550m)リアルな日記』

 

www.yoyoyo.co

 

 

炎天下の中、坂道ランニング&ウォーキングの30秒インターバルしてきた、よよよです。

 

30分が限界。

熱中症にならないように、走りに行く少し前に、絶品!みょうがの味噌汁を飲んで、対策。

 

帰ってからもアクエリを飲みました。

 

エアコンの部屋で涼んでも、なかなかほてりが治らない。

恐るべし。

 

外のスポーツをしている人は、くれぐれもお気をつけください。

 

 

 

さてさて、ヒマラヤ、カラパタールの日記をお届けします♪

 

 

5/22 【2日目】 カトマンズでトレッキングの準備

 

7:00頃起床。外でコインゲームをしている若者たちの声で目覚める。
きのうは夜遅くてチェックインをしていないので、とりあえずチェックインを済ます。

部屋に戻るとスタッフが呼びにきた。
「屋上にカフェがあるからコーヒー飲まん?日本語話せる人がおるけん♪」てな感じで
「シャワーあびるけん」と言ったけどしつこいのでとりあえず行ってみることに。

案の定、トレッキングにガイドはつけるのか?いくら?どこから?など、ここでツアーを組まないか?という感じ。
もう手配してるから大丈夫、と適当に話して帰ってきた。
本当はつけてないけどね。

それからシャワーを浴びて屋上カフェでトーストとコーヒー


その後、カトマンズ~ルクラの航空券を頼んでいる、ヒマラヤンアクティビティーへ。
女性2人が対応してくれて、とても愛想のいい人たちだった。

そこでレンタル、TIMS(登山手続き)取得場所への行き方などを聞いて、人力車でスタート。
ストライキ中でタクシーがいないため)

片道300ルピーくらいだと聞いていたのに、お兄ちゃんにいくら?と聞いたら「2サウザンド」と。
はぁぁぁ?じゃあいいよ。と離れていくと追いかけてきた。
往復で600ルピー!で交渉成立。
とんだボッタクリ野郎。

f:id:yume4450:20170716151816j:plain


でもTIMS取得のため、30~40分待たせたため、2人で50ルピー上乗せしてあげた。


ストライキで17:00頃からしかお店は開かないので、両替&レンタルまで3時間休憩。2時間くらい寝た。

17:00になり行動開始。
まず、寝袋などをレンタルに。3~4店舗見て、1番安い店にした。
寝袋、フリース、手袋、ヘッドライト、Total1700ルピー

 

f:id:yume4450:20170716151652j:plain


スーパーマーケットで水、チョコ、電池を買った。
一旦ホテルに荷物を置き、両替、ネットカフェへ。

全体的にほこりっぽい。
売ってるものもほこりっぽい。
外に出るときはマスク必須。

明日のカトマンズ~ルクラの飛行機こわいよー。

 

おわり

 

 

現在のよよよによる解説

 

昨夜の不安になった夜から一夜明け、山に入る前にカトマンズで準備をしていますね。

 

カトマンズ~ルクラに入る航空券の手配を、予め「ヒマラヤンアクティビティ」にお願いしていたため、その店舗まで歩いていきました。

 

ヒマラヤンアクティビティにはネパールの女性2人がいて、とてもスムーズに気持ちよく対応してくださいました。

 

私、英語しゃべれませんけどね。

一生懸命、通じようとはします、もちろん。

女性2人も片言でしたが、通じている感じはありました。

 

こちらも女の2人旅だから、やっぱり女の人に対応してもらうと、身構えず安心感がある。

 

TIMS(登山手続き)取得場所への行き方などについても聞いて、理解できたし、本当にありがとう!という気持ちです。

 

ルクラまでの航空券を手に入れたので、お次はTIMS

 

人力車?に乗って行きました。

といっても、自転車に人が乗れるカゴ付けたみたいなやつ。

スリリング!こわすぎた!

 

お兄ちゃん、料金ぼったくろうとしすぎ!

相場をちゃんと調べておくのはとても大事です。

ヒマラヤ観光を目的にした人を対象に「あわよくば」って人はたくさんいると思います。

 

ほとんどがいい人たちばかりだけどね。

 

無事にTIMS取得して、

暑い中、なんとかバックパッカーズロッジに帰ってきて、ちょっと休憩。

ストライキ中でしたから)

 

夕方からトレッキング中の寝袋とかフリースとかをレンタル屋さんに借りにいきました。

これね、潔癖症の人なんて絶対ダメでしょうね。

最後誰が着たの!?洗ってます?的な。

 

でも

 

ただでさえバックパックに入るものなんて限られてるし(登山靴やストック、登山装備だけでもけっこうかさばるよね)、私たちは、レンタル屋さんで防寒具を借りました。

 

日本だったらありえないけど、私たちの目標は「カラパタール」

そのためなら、なんでもやります(着ます)とも!

 

ちょうどこの時はストライキが起きていて、昼間は「シーーン」

 

夕方になると「ガヤガヤ」

 

そんなカトマンズの街でした。

 

 

www.yoyoyo.co