主婦のよよよがゆる~く発信!

思ったことを誰かに言いたいけど、親しい人にしか言えない、でも誰かに伝いたい!っていう色々を書いてます。4歳と1歳を子育て中、登山、刺繍や運動が趣味です。

【ヒマラヤの旅①】ルクラ~ナムチェ~カラパタール5550Mまでのトレッキング記録

1.ヒマラヤに行こうと思ったきっかけ

ヒマラヤのカラパタールまでのトレッキングに挑戦しようと思っている方もこのブログを見てくれたらうれしいなって思いで書いています。

本題に入る前に、なぜ素人の私がヒマラヤに挑戦しようと思ったのか、心のうちを聞いてください!(言いたいんです。笑)

それまでも登山は好きで、でも範囲は限られ、主に大分の久住連山に行っていました。

(久住、いいですよ~めちゃくちゃオススメです)

コースを色々変えながら、何度も行きました。

その他は手近な山へ。(福岡在住です)

 

そんな時、写真をフリーでやってる高校時代の友達に誘われたんです。

「ヒマラヤ行かん??」って。

誘ってくれた友達は、私が「行く」って言うとはあまり思ってなかったんじゃないかなぁ。

 

ちなみに一緒に行ったその友達も、富士山登山は経験あるけど、海外のトレッキングは初でした。

そんな素人2人でツアーやガイドを頼らず、無謀に挑戦した話です。

 

2.ヒマラヤ、カラパタール挑戦時のよよよの状況

当時27歳

結婚して1年半

仕事はデパ地下で週3回、1日6時間のパート

まわりのスタッフの方は良い方たちばかりで、私の挑戦したいという気持ちを応援してくれて、快く3週間のお休みをくださいました。(感謝)

 

そして結婚して1年半の間に2度流産を経験し、これから先の自分に不安を感じているときでした。

なんかもやもやしてました。

 

行ったら気持ちが何か変わるかもしれない!

そして今挑戦しなかったら、後悔するかもしれない!と思ったのです。

めちゃくちゃ迷いましたが、「あの時挑戦してみればよかった」と思いたくないという思いの方が強かった。

 

とはいえ、現地の人からしたら6000m以下の山は「山」ではなく「丘」と呼ぶらしいのです。

私はそんな「丘」にトレッキングに行くだけなのです。

 

f:id:yume4450:20170716153424j:plain

3.挑戦期間

ネパールに滞在した期間

2012年5月21日~6月7日(18日間)

 

山に滞在した期間

(ルクラ~ナムチェ~カラパタール~ルクラ)

2012年5月23日~6月5日(14日間)

 

詳細

5/23 ルクラ(2840m)~ベンカー(2630m)

5/24 ベンカー~ナムチェ(3440m)

5/25 ナムチェにて高度順応

   エベレストビューホテル(3800m)まで登り、ナムチェに戻る

5/26 ナムチェ~タンボチェ(3860m)

5/27 タンボチェ~ティンボチェ(4410m)

5/28 ティンボチェにて高度順応

   ナーガゾンピーク(5100m)の少し手前で

5/29 ティンボチェにて高度順応

   休息日、エベレストマラソンの応援

5/30 ティンボチェ~ロブチェ(4910m)

5/31  ロブチェ~カラパタール(5550m)~ロブチェ

6/1  ロブチェ~デボチェ(3820m)

6/2  デボチェ~ナムチェ(3440m)

6/3  ナムチェ~ルクラ(2840m)

6/4  ルクラにてフライト待ち滞在

6/5     ルクラ~カトマンズ

 

4.ツアーではなく、基本的に全て自分達で手配

・日本~カトマンズまでの航空券(往復)

カトマンズでの宿(バックパッカーズロッジ)

カトマンズ空港から宿までの迎え(宿の人)

カトマンズからルクラまでの航空券

(ヒマラヤンアクティビティに事前に取っておいてもらった)

TIMS(トレッカー登録書)取得

・山に入ると、その時に空いてる山小屋に泊まる

  (シーズンから少し外れていたので、多くて泊まれないということはなかった)

 

5.トレッキングの装備

トレッキングの装備について全部書くときりがないので、

あって良かったもの

カトマンズでレンタルしたもの

について紹介します。

 

あって良かったもの

・ウェットティッシュ、体を拭くシート

・紙パンツ

・水がいらないシャンプー

※持っていきすぎ注意!

なにせ、山に入っていた14日間、お風呂に入っていませんから(笑)これらのアイテムは必須です。

特に紙パンツはとても良かったです。

パンツくらい毎日替えたいし(笑)

シート類やシャンプーは、重いので持っていきすぎ注意です。

私たちの場合は、最終的にガイドもポーターも付けなかったので、荷物の重さは体力に直結しました。

ちなみに、1日目のルクラ(2840m)~ベンカー(2630m)の道のりで、荷物が重くて重くて。

荷物を必要最小限にしたくて、ベンカーで泊まった宿にいらないものをほとんど預けました。

 宿のお父さん、快く置かせてくれたな~

 

カトマンズでレンタルしたもの

・寝袋

・フリース

・手袋

・ヘッドライト

(全部で1700ルピー)

 

正直、清潔って感じではなかったけど、日本からバックパックひとつで来てるので、かさばりそうなものはレンタルしました。

これは本当に好き好きかも。

 

6.最後に

トレッキング中、毎日日記をつけていたんです。

地球の歩き方のコピーの裏に(笑)

日記書いてて良かったって思う。

当時のことがリアルに思い出せて。

 

別に誰にも公開するつもりはなかったので、独り言みたいなものですけど、今見返してみるとなんかリアルで面白かったので、これから少しずつ紹介していきたいと思っています。

 

その時の状況を思い出しながら、解説も載せていく予定です。

 

 

ぜひまた見てみてくださ~い♪

 

>